FC2ブログ

夏の山野草(百合2)

   自然観察 [2010/08/01]
1008012_1.jpg1008012_2.jpg1008012_3.jpg
ウバユリ(姥百合)っす。

前記事でユリ科三種類の写真を撮ったので、
この他は?と考えて、「あとオニユリとウバユリがあるな」と思い立ちました。

でもって、両ユリを求めて、山道をドライブ。

民家の庭とか、お墓とかにオニユリが咲いているのは見かけたのですが、
人に育ててられているのは、・・・・と思ってそれは撮影せずに。

ウバユリを。
こっちの方が珍しいと言えばめずらしい。
60kmくらいの距離の山道で発見したのは、3箇所。
内2箇所の写真です。

2枚目の写真の株なんか、花の数が凄いでしょ。
ただし、このウバユリは、花が咲くのに確か年数が必要で、
以前、山から大きな株を庭に植えてから、花が咲くのに数年掛かりました。
で花が咲いた翌年からは消えて、今は葉も見かけなくなった。

でも咲いたときのこの勢いが!

この花が咲いた状態の時に既に、葉は枯れており、
ゆえに、娘を育て上げた姥の歯が抜け落ちるのにたとえて、姥百合と言うそうな。

ウバユリは山菜としても食されることがあるそうです。
ユリネと呼ばれる、鱗茎は、ヤマユリ同様蒸かしてお芋のように食べられるらしい。
また、春の若芽もお漬しにできるそうですが、あくが強いので、茹でてから水にさらさないとだめだって。

さるは食べたことはありません。
こんな何年に1回しか花を咲かせないのを食べてはかわいそうだし。

今日はこの辺で。 m(__)m
スポンサーサイト





夏の山野草(百合)

   自然観察 [2010/08/01]
1008011_1.jpg1008011_2.jpg1008011_3.jpg
野生のユリっす。

どうしてもヤブカンゾウ(藪萱草)の写真が撮りたくて、
春に若芽を見かけた、実家の畑のまわりの藪を見回りしてきたっす。


蒸れたっす。

最初の写真は、ヤマユリ(山百合)。根っこは、食用にできるものです。
実家の栗林が毎年このユリ畑と化すのですが、今年は、先週の土砂降りなんかのおかげで、
早々と終わってました。いつもは、こんな感じの景色が栗の林中にあります。
http://sarumosunaru.starfree.jp/hana/yamayuri070729.jpg

2枚目の写真は、クルマユリ(車百合)です。
これって、亜高山の植物なんでしょうか。図鑑ではそう書いてます。
でも、亜高山な場所ではありません。
最近少し少なくなったかなー。

3枚目。これがヤブカンゾウです。
前回のノカンゾウとの違いは、八重咲きなこと。
春の若芽は食用にできます。

さて、もう一種類撮ってきたのですが、それはこの後の記事で。 m(__)m



カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR