FC2ブログ

採ったら食べよー(26):塩漬けにした山菜を

   山菜・きのこ採り [2023/01/10]
昨年春に採った山菜を塩漬けにして床下に入れっぱなしにしていた。

秋くらいから、「そろそろ出して食わないとな~」とか思ってたけど、今頃になってしまった。


洗面所の床に取っ手のついた蓋があって、開けると床下の土が見える。
本来は、お風呂までの給湯管?水道の元栓?・・よくは分からない目的・・・
ともかく開けられるようになっている。

なので、そこに採ってきたきた山菜(塩漬け)やらキノコ(瓶詰め)やらを置いてある。
「たぶん、床下は夏の時期にあまり高温にならないだろう」という単なる予想に基づいている。


昨年の春、採ってきた山菜の始末を山友たちに相談したら、
『塩漬けにしてるよ』とのことだったので、さるもやってみた。

20230104_s1.jpg
5月以来、一回も中身の状態を見ていません。

それぞれ蓋を開けて取り出してみた。
20230104_s2.jpg

それぞれ真っ黒です。

とても「食べ物」だとは、素人さんには思いつかないような見た目。

上左から、ワラビ、ニオサク(エゾニュウ)、アイコ(ミヤマイラクサ)です。

余りの黒さにさるもイチオウ匂いを嗅いでみました。
大丈夫そうです。


「塩漬け」(塩蔵ってのかな・)なので、食べるためには塩を抜かないとダメです。
20230104_s3.jpg
なので、水を換えつつ、三日三晩(くらい)置いておきます。
そうすると水が澄んできます。
20230107_s1.jpg

さあ、料理してやろうじゃねーの。

続きを読む

スポンサーサイト



tag : 塩漬け山菜の料理



新年の猫屋敷

   ねこ [2023/01/09]
やっと今年の話。

幸いにして年越し前後の降雪はさほどではなく、去年みたいに「元旦に実家の除雪」とはならず、三が日は棲家でだらだらさせていただきました。

4日にいちおう屋敷を見に行って、若干除雪はしておいて。
昨日、8日にDIY用の材料の調達&搬入をしに再度行ってきました。

着いたとたん、猫どもの餌ねだり。(いつもどおり。)

1日一食しかやってないはずだから、しょうがないですよね。
※土日以外は、近所の親族が餌やりしてくれている。

でも割と太ってるんですよ。

買ってきたDIY材料を屋敷の土間まで運んで。

急いでホームセンターまで借りてきた軽トラックを返しに行かないといけないのだけれど、
余りに「餌くれろーこんニャろー」と哭くので、取り合えず餌を雑にやって、
軽トラックを返しに行って1時間弱で屋敷に戻りました。

すると、またもや餌の追加オーダーが入りました。
20230109_neko1.jpg
さっき喰ったのを忘れたんだろうかってくらいの猛アピール。
もしかして、土曜日に貰ってないのかも。

しょうがなく、2回目の餌をやって。
20230109_neko2
3匹揃っての食事。
手前のモジャは、新入りの居候です。

4匹目は?というと、人間への警戒心がとけなくて、さるがその辺にいる間は、床下に隠れています。
それでも、この日は割と前のめりです。
20230109_neko3.jpg
さるがその場に居なくなるのを待ってます。

彼女(♀)には正式な名前がありません。
(何をもって正式と云うかは分かりませんが。)

便宜上、さるマダラチャンと呼んでます。
背中の模様が迷彩なので。

昨年春から「機会があれば、ちゃんと写真に撮ろう」と思っていたけど・・・・

続きを読む

tag : 猫屋敷



行き(雪)倒れを発見した

   自然観察 [2023/01/08]
ある休みの日(確か12月の中旬くらい)

ドカ雪後の雨のおかげで屋根から滑った雪もだいぶ消えてきたなーとか思ってたら

その、残った雪の中の何か分からない黒いモノに目が止まった。
20221217_1.jpg
石ころ?・・・いや、獣のウ●チ?・・・

近くに寄ってちゃんと見てみたら、どうも コウモリです。

さるの親指くらいの体長。
アブラコウモリという、人家の周りに住み着くやつです。
以前、家の中にステイしていたことがあって大騒ぎの元になったヤツ。

死んでるんだろうか。
割と危険な病気(菌)を持っているという噂なので、ゴム手袋をはめて、つんつんしてみました。

微妙に動きます。生きてる!

急いでちっちゃいダンボール箱を出してきて、新聞紙やキッチンペーパーなんかを入れて。
20221217_2.jpg
移動してもらいました。

ちーさい声でキキキ的な不満げな声を発していました。
20221217_3.jpg

雪の中よりはよかろうと思って、家の風除室に箱は置いておきました。

蝙蝠は、寒い地域の冬には冬眠するらしいです。
かつ、その際は変温動物になるんだそうです。
ヘー。じゃあ、ある程度寒くても大丈夫なんですね。
でも、さすがに外の雪の表面じゃあどうなんでしょうか。


それ以来、3週間くらい経ちました。
死んでないだろうなと思って、さっき、箱の中身を改めて確認してみましたが・・・
あれ? いませんでした。 どこ行ったんだろう。
風除室の戸は蝙蝠には開けられないだろうから、その辺の隙間に隠れているものと思います。
まあ、温かくなった辺りに、夜中戸を開けておけば出ていくでしょうから、よしとしておきましょう。

では、コウモリの行き倒れを見つけた話はこの辺で。
m(__)m

tag : アブラコウモリ



仕方なくDIY再s2ep22:改良版の雪害予防

   DIY [2023/01/07]
さるが日曜大工みたいなことをちゃんと始めるようになったきっかけは、
冬の間に屋根からの落雪によって、屋敷のサッシがぶち破られた事件です。

それが2年前。
(まあそれがなくとも、屋敷の床が湿気&シロアリにやられて抜ける寸前だったので、始めるタイミングはたぶんそう大差なかったかもしれないけどね。)

2シーズン目に入って、屋根の塗りなおしだ、土手の盛り土の追加だ、屋敷の中の断捨離だ
と、およそ一般的なDIYイメージからはちょっとかけ離れた作業が多めでした。

今回の作業も大工仕事ではありません。
最初の雪害箇所の補強です。

つまり、屋敷裏向きのサッシ周りの囲いの強度が足りないからだめなんです。
もともとはこんな感じでサッシを覆っていた
20210923_n10.jpg

でも、2月くらいになると、屋敷裏はこんな状態。
20220212_5.jpg
(2階の屋根まで雪が溜まるんだ。)

そうすると、さっきの外側のカバーが雪の重みで屋敷の内側に押されて来て
20220220_1.jpg
良くて、こんな風にサッシが枠から外れる。

悪くすると、ガラスが割れます。

つまり・・・・

続きを読む

tag : 雪囲い



嬉恥お百姓s4ep37:何とか雪が降る前に

   園芸 [2023/01/06]
育てたものの収穫を終えたら、次は冬越しさせるための準備です。
11月中旬。
ブルーベリーの雪囲いが最後の農作業として残ってました。
20221016_n6.jpg

'21は、雪が予想より早く降っちゃったので、慌ててやったため少し雑だったかなと反省して。

'22は少し余裕を見て始めた・・・つもりだったが・・・・。

1週目:
屋敷の周りから短めの杭を集めて運び。去年使った杭に付けたし。
まずは、苗木の枝が横に広がらないように紐でらせん状に巻いて、緩ーくまとめます。
大き目の苗木から初めて、40本くらいを縛ったくらいで時間切れ。

2週目:
集めた杭だけでは足らなそうだったので、ビニールトンネルの支柱に使う竹を持って行って、半分に切って使いました。
ただし、この竹だと強度的に耐えられず、春ころには折れてることが多い。
この日で、7~8割くらいまで完了。
またもや時間切れ。

3週目:
やっぱり竹では強度的に足らないと思って、畑回りの倒れた杉等から枝を集めて短めの杭を作りました。
これに2時間くらいは掛かった。
でも作れたのはこれっぽっち。
20221127_n1.jpg
杉の倒木自体を片付けるのに時間をかけ過ぎました。

その日、暗くなり始めるまで頑張って、やっとこさこんな状態
20221127_n2.jpg
完了です。

80本以上の苗木があると、流石に大変。
もうちょっと、いい感じの囲いの仕方をマネしないと。

ちなみにその週、さるの棲む圏では、初雪でドカ雪が降りました。
結果としてギリ間に合った。

これで、お百姓さんのマネごとシーズン4の全作業は終了です。


やっぱ、最低でも週に二日くらいの自由な日がないと、山菜・キノコ採りとお百姓仕事の両立は難しいかもしんないなー。

では、また来シーズン。
m(__)m

tag : ブルーベリーの雪囲い



実家に招かれざる居候

   ねこ [2023/01/05]
ある日、実家に着くと
いつもは餌をねだりに玄関まで出てくる猫どもが一匹も出てきませんでした。

三匹居るので、一、二匹が遊びに出てて見かけないこともあるが、三匹とも居ないのは珍しい。
何か事故?、三匹揃って家出した? とかちょっと心配になってたのですが。

屋敷の中に入って猫ちぐらが置いてある部屋を掃除してたら、猫ちぐらからもっそり一匹出てきた。
20221127_neko1.jpg
って、お前は誰だ。
どこんちの猫?
その日は、さるを見て外に出て行った。

そのあとにダヤ子が帰ってきた。
あいつに追い出されたのか?
そんな狂暴そうには見えなかったのだが。

翌週、またもや先住の三匹は居らず、毛むくじゃらちゃんが一匹で留守番していた。
20221127_neko2.jpg
人馴れしているらしく、餌をねだるし、触っても逃げません。
(家の猫どもよりよっぽど飼い猫らしい。)

いつも通り、猫どものエサ入れに餌をやると、自分ちのように食べてました。


さらにその翌週も行ってみると、先住三匹が玄関まで出てきて、モジャは家の中で当たり前のように待ってました。
たぶん近所の家の猫で、飽きたら元の家に戻るだろうとタカを括っていましたが、
その後ずっといます。

他の三匹とも喧嘩はしないみたいです。
でも、毛が長いので、前より家の中が散らかります。
やれやれです。

猫屋敷がさらにまた猫屋敷らしくなってきてしまった。
ペルシャ系の血が入ってますね。
若干寄り目で、鼻水を垂らしてます。(病気かしら。)
どうも、メスっぽい。
去勢済みであればいいのだけれど・・・・

心配事が増えました。
では、話はこの辺で。
m(__)m

tag : 迷い猫



嬉恥お百姓s4ep36:慌てて収穫しました

   園芸 [2023/01/04]
すいません。まだ去年のつまらない話です。

新しいオマンマのタネが「週1日しか休みなし」が続くことがあり、
さらに部活を優先するもんだから、畑や実家の修理がどうしても後回しでした。

そうは云っても季節はどんどん進むし、植えちゃったものはいつまでもそのままってわけにはいきません。
うかうかしてると、雪が降っちゃうし。

というわけで、昨シーズン最後の収穫は、さる2号の手も借りてイッキに済ませに。

さる2号には、大根を
20221016_n2.jpg
抜いて、バケツの水で泥を落としてその辺に置いて水を切るように指示し。

さる自身は、サトイモを
20221016_n1.jpg
掘って、土を幾分落としながら袋に入れる作業を。

毎年のことなのですが、この時期あまり天気がすっきりしなくなってて、いつも畑の土はねちょねちょ状態です。
汚れるし、作業効率が落ちます。

昨年はなぜか大根の育ちは悪くて、スーパーで売ってるやつの半分くらいの大きさのままでした。
それでも、40本くらいお持ち帰り。

さらに、サトイモ(土垂)は一昨年よりは育ちがよくて、20株くらいを掘って掘って大きな肥料袋に2つくらいを持ち帰りました。
だいたい2時間の作業で済んだ。

屋敷に帰って、裏の段々畑を見に行ったら、取り残していたトウガラシ(鷹の爪)が割と赤くなってたので、青いままのを含めて全部収穫しました。

家に持ち帰って後始末です。

続きを読む

tag : サトイモ、ダイコン、トウガラシ



’22秋シーズン部活最終回:何も採れなかったので変な形のキノコの話

   山菜・きのこ採り [2023/01/03]
引き続き昨年の話。

山部の活動の最終回です。
さるは「土曜がいい」と言ったのですが、山友は「土曜は予定がある」とのことだったので、泣く泣く日曜に。
※近年競争率が高くなって、日曜だと前日の土曜にライバル達が多数入って、さらって行ってしまうから土曜を希望したんだけど。

案の定、前の週に見つけてあった幼菌のナメコも綺麗に採られた後。
その後、入ったことのない沢登りをしたが、ムキタケくらいしか見つけられず・・・
3時間くらい徘徊して収穫はほぼゼロ。とほほ。
面白くなかったので、ちょっとキープしてたムキタケも現場に捨ててきた。

なのでその時の写真もありません。

話が終わっちゃうので、昨シーズン中に見かけた変な形のキノコの話を。

まずは、実家の畑への行き帰りで見たこれ。
20221016_k14.jpg
図鑑でだけ、見たことのある形。
ツチグリとか云うキノコかと思ったら、どうもこの感じはツチガキって呼ばれてるもののようです。
フクロツチガキかなー。
だとしたら、ややこしい話ですが、ヒメツチグリ科ヒメツチグリ属なんだって。
でも似た臭いものにxxxツチグリとかxxxツチガキとか混ざって色々ある。

・・・とか調べてたら。

続きを読む

tag : ツチグリとツチガキ



採ったら食べよー(25):ブナハリタケの炒め物とムキタケのお味噌汁

   山菜・きのこ採り [2023/01/02]
前年11月の話。

一か月ぶりの週末2連休だった。
前日ナメコ採りに行った翌日、早くに目が覚めた、朝ごはんを何にしようか・・・冷蔵庫を開けてみた。
数週間前に採ったブナハリタケ、前日採ってきたムキタケが目についた。
たぶん、料理される可能性が低いと思って、朝ごはんのおかずにしてやりました。

20221106_k3.jpg

ムキタケは、玉ねぎとワカメと一緒に味噌汁に。
20221106_k2.jpg

ブナハリタケは、青ネギとバター/醤油炒めにして、最後にタマゴを入れてやりました。
20221106_k1.jpg
めずらしく朝からちゃんと料理しちゃいました。


それと・・・

続きを読む



’22秋シーズン部活10回目:ナメコ採りの帰りにサルナシ

   山菜・きのこ採り [2023/01/02]
あけましておめでとうございます。

でも・・・・'22年の11月上旬の話です。

キノコ採り部活も終盤でした。
ここ数年ナメコを収穫しに行っている、けっこうな山奥へ、山友1と二人で出かけました。

林道に入って低速で30分くらい走るのですが、途中で山に入ってそうな車を見かけることはなく、なのに奥まったポイント近くでは必ずと言っていいほど車が数台止まってます。
2~3年前は、こんな時期にはさるくらいしか来ない場所だったのに。

どこからか情報が洩れてしまったようです。「ナメコが採れる」と。
しかもなんだか年々人(車)が増えます。
この調子だと、来年はさらに・・・混雑しそう。
このポイントはもうダメかもしれませんね。


ともかく、車を降りて現場に向かって歩いているとこんなのを見かけました。
20221105_k1.jpg
ドクササコ? ならやべーやつらしい。


目指していた(ポイント)毎年ナメコの生えるブナの倒木を見にいきました。
辛うじてそこ辺りはまだ人が入らなかったらしく、まだありました。
20221105_k2.jpg
その周り、前年一人で来た時に新たに見つけたところでも、それなりに収穫。
まだ、幼菌のナメコも見つけたが、それは次週のお楽しみに。
その倒木群、ちょっと時季外れのナラタケ(サワモタシ)が大量に生えていたので、それを一生懸命採取して。
かなりの収穫になりました。

次に沢登りして・・・

続きを読む

tag : ヌメリスギタケとサルナシ



カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR