FC2ブログ

実用品として

   PPバンド籠 [2022/04/30]
「PPバンドかごの作り方マニュアル 初級編3」を何とか時間のある内に仕上げたいと思って色々考えている最中です。

あまり、他の人の作品にモロ被りしないようにネタを考えて行くと、少しずつ凝ったものに偏りがちです。

「これで初級編と呼べるのか?」と自問してしまいます。
さるでも作れるんだから初級編でよかろう』というスタンスなのですが、あまりにもめんどくさいものは、やはり相応しくないと思うわけです。

というわけで、格子編みで作れる必要なものというテーマで考えた。

そう言えば・・・

この春、だーーーいぶ暇だったので、棲家の庭木の剪定を2日掛けてやったのだが、
だいぶほったらかしてあったヒバの木は、脚立なしでは切れない状態になっている。

こうなると、脚立に上った状態での高枝切りバサミなんかも使わざるを得ない。
切る道具として、剪定バサミ、植木バサミ(長刃)、折り畳み式ノコギリ、高枝切りバサミと4種類も持たないといけない。

ハサミを変える都度、脚立の上り下りは非効率なので、できれば身に纏った状態にしたいのだが・・・・
そんな風には準備できていませんよね。大抵の場合。

てなわけで(前置き長いよねー)、
20220421_p1.jpg
この3種類の道具を身に着けるための籠を作ることにしました。

剪定バサミに限っては、以前から革?製の袋を紐で腰に着けれるようにはなっていたが、これもだいぶボロくなったので作り変えます。(この袋は、爺ちゃんがさるのランドセルをリメークして作ったものです。)

各道具の寸法を測って、作るサイズを決めます。
最初に剪定バサミ入れを作って見たのだが・・・


スッポリ入るサイズに作ってしまった。
それだと、入れちゃうと簡単に取り出せないんです。
我ながら・・・アホです。

なので、もう一回作り直して、こんなのができました。
20220423_p2.jpg

大きなものではないので、短いバンドが数十本あれば作れます。
ただし、逆に小さいものを作るには向かない縁の処理とかもやってみて分かった。

今回材料は、これまで色々作って、半端に余ってしまったバンドを使います。
20220423_p1.jpg
元々使用済みバンドなので、「ゴミのクズ」ってことになりますね。

次に作ったのが、植木バサミ(長刃)用です。
20220427_p1.jpg
欲が出て、底を狭く、口側を広くしようと思って、これまでにない編み方してみました。
結果、ちょっと幅広の刀の鞘みたいな形に仕上がった。

最後は、折り畳みのノコギリを入れる筒です。
20220428_p1.jpg
これが、一番単純な作りです。

で、前のと合わせて、こんな感じ。
20220428_p2.jpg

イメージが湧かないと思ったので、装着してみました。
20220428_p3.jpg

ちょっと植木バサミが重いけど・・・うん、使えそうです。

こういう大工さんとかが腰に着ける道具入れを腰袋というらしい。


これまで、「何を入れるかは使う人の自由」というものを多く作ってきましたが、
「これを入れる用」を作るのは初めてでした。
結構、それなりに考えが必要ということが分かった。

どうでしょう。
そんなに必要とする人はいないかなー。


でも、初級なワザやポイントが満載なやつなので、これをマニュアルに載せようと思います。

さあ、あと一品。
どうしよっかなー。

では、この話はこの辺で。
m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR