FC2ブログ

仕方なくDIY再s2ep4:土手工事開始

   DIY [2022/05/05]
一日目。

さるにとっては本当はGWもへったくれもないけど・・・
世の中の連休4日目、土手の工事に着手すべく、実家ソロキャンプ用の食料を買い出ししてからのホームセンター。
まずは、U字溝9cm幅x60cm長を15個購入。約15,000円。
やっぱり、土木は高くつく。


実家に到着したのは10時頃だったのだが、屋敷裏の雪が消えていたので、降り積もった杉の葉片付けで午前中は終わってしまった。午後からは別の用事があったので、結局着手したのは、15時過ぎ。


雨水の流れ先が無くて、土手がブヨブヨして崩れていくのだから、
まずは屋根からの雨水を排水するように対策します。
20220502_d1.jpg

「雨樋をつけて、地面から先に流せばいい」と普通は考えるのですが、
豪雪地帯なので、雨樋は通常冬には外さなくてはいけなくなります。


溝を切って、U字溝を置いてみました。
当然、雨水をどっかに流すために入れるのだから微妙な傾斜を付けつつ。
20220502_d2.jpg
これで、1日目終了ー。


二日目。
午前中は、農作業?を入れてからの、山菜採り3回目。
(それは、別の記事で。)

午後から前日の続きを実施しました。
でも結局、買ってきたU字溝を置くだけで、終了ー。
20220504_d1.jpg

ところどころ、U字溝が連続してないです。
1)雪害で下屋を修理したとき、修理したとろの軒を短くした。
 (垂木の値段的に、2.xmにすると材料費が高いので、標準的な材料のサイズに屋根を合わせた。)
 なので、前の落下位置と修理した屋根で、一直線にならない。
2)そのお陰で、下屋から落ちる雨水が、屋敷の束石に掛かってた。
20220503_d1.jpg

てなわけで、やることの種類が増えて、かつ難易度が上がりました。

三日目。
結局、午前中は農作業で終わって、午後にかけて道具/材料の買い出しです。

こんな感じの一式を用意しました。
20220504_d3.jpg
(かなり面倒な作業なので、セメントを使うのは極力避けたかったのだが、いたしかたなし。)

初めてのセメント です。

やってるところを見たことがありますが、触るのは初めて。
全くの初心者です。

ともかく。
束石が邪魔している一か所に、破材を使って型を作って、やって見た。
20220504_d4.jpg
やっては見たものの、なんだかセメントが緩い。
水を入れ過ぎたのか?

前もってみた、ネットの情報では、
セメント:砂:砂利:水=1:3:3:1.8 となていたが、
砂の袋には別の比率が書いてありました。さらに砂利の袋にも「コンクリート」としては別の比率が。
いったいどれが、本当?
かなりアバウトなのか?

20220504_d5.jpg
ともかく、ネットで確認した通り、セメントの量の1.8倍(容量)くらいの水を入れて練ったけど。
ちゃぷちゃぷした感じで、てんで塗るような硬さではなかった。

結局、これではダメそうで、作業を中断したいのだが、練ったセメントが余ったます。
こういうところがメンドクサイんだよねー。
そこいらに捨てていいものではないから。

仕方ないので、もう一か所の下地として流し込んで。
20220504_d6.jpg
この日の作業は終了ー。

前の日に結構ちゃんと調べたつもりだったが、全然ダメでした。
もう一回、学習しなおしてやり直します。
終わったときの後始末が面倒で・・・


三日も掛けて、ものにできなかった。
もう一回調べて、出直しです。

いつやろうっかなー。
では、今日はこの辺で。
m(__)m



スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR