FC2ブログ

新作(菊六つ目編みモンゴル風猫ちぐら)試作完成

   PPバンド籠 [2022/07/01]
前回(「新作の進捗状況」)の続きです。

ここからの
20220622_p1.jpg

この段階を経ます。
20220628_p1.jpg

で、邪魔が入ります。
20220628_p2.jpg
「お客さーん、まだ準備中なんですけど~」

さらに、バンドを足していきます。


4色目のバンドを一通り足して、最後に残った部分に・・・やっぱバンドを足すことにして。
20220630_p1.jpg

てっぺんに出た細いバンド群は、「ちょんまげ」風にしました。
20220630_p2.jpg
その方が楽だったので。

この段階で全体の模様を見ると・・・

底から側面への切り替わり部分が、こんな綺麗に連続して見える部分と
20220630_p3.jpg

そうじゃない部分。
20220630_p4.jpg
これが2か所あります。

さすがにきちゃなく見えるので、こんな風に隠しました。
20220630_p5.jpg

こうすると、バンドの方向転換の仕方がマズかったのが見えて来ました。
本作時には対策したいと思います。

あと、同様に入り口部分も。
20220630_p6.jpg
こんなグチャグチャな感じを覆い隠します。

結果こうなりました。
20220630_p7.jpg

どうでしょう。

ちょっとシツコイ感じの色使い。
20220630_p8.jpg
軽いのでちょんまげを持てば簡単に運べます。

底はこんな感じで、菊六つ目編み模様が堪能できます。
20220630_p9.jpg

後ろ側から見るとこんな。
20220630_p10.jpg

上から見たらこんな感じです。
20220630_p11.jpg
予想に反して、整った模様になりました。

モデルにした一般的な猫ちぐらと並べて見ます。
20220630_p12.jpg

スカスカなので、夏用ですね。

題して、「菊六つ目編みモンゴル風猫ちぐら」とします。
この記事を書きながら考えました。

形はモンゴルのお家:パオ風ですが、色使いは東南アジアの仏教寺院風ってな感じでしょうか。
色選びはちょっと失敗したかと思ったのですが、逆になんか個性的な感じですよね。


各種の「考察」を経て、やっと思ってた7作目のマニュアルのネタ候補ができました。
でも、割とめんどくさい

作り方を上手く説明できるかちょっと不安。
工程もかなり多いし、長い説明が必要そうです。

「作ってみたい」という奇特な方はいるかな~。


ちなみに、ウチの猫にはそっぽ向かれました。
作ってる最中はあんなにちょっかい出したくせに・・・。

では、この話はこの辺で。
m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR