FC2ブログ

収穫・保存食糧の棚卸からの~開かない保存瓶の開け方

   山菜・きのこ採り [2022/07/06]
あ”ーづいですねー。

西の方が「連日の猛暑日」と云ってたころは、こちらは雨/曇りでした。
気温は結構高かったけど35℃を超えるようなことはありませんでした。
昨日今日、太平洋側を通ってる台風→温帯低気圧の影響でしょうか、週間予報で雨だったはずが、昨日から晴れてかつ暑”い。

予定外に晴れたこともあって、かつ暑すぎるので、フィールド作業は見送りして引き籠ってます。
(軟弱者です。)

さて、外に出ないとやることもないので、棲家に備蓄してある春の収穫物整理をしました。

主に、こうなってた瓶詰め類。
20220521_4.jpg

中身がいつ作ったものかも把握してなかったので・・・
少しきれいな入れ物を用意して、作成年順に整理してみました。
20220703_1.jpg

今年作ったタケノコの瓶詰めは、17本。(例年より少なめ。)
内半分は、親族等に既におすそ分け。

今年作った分を含めて、40本くらいの中身がタケノコの瓶詰めが在庫としてあった。
'19年に作ったものが1本だけダメになってました。

他は、た・ぶ・ん 大丈夫そう
しかも、もっと古い・・・



20220703_2.jpg
もう6年も経過しちゃってます。


それと、毎年秋に採ったキノコ類も19本残ってた。
中身は、ナメコ、ナラタケ、ムキタケです。('18年以降に製作。)
※こっちの方がヤバイかも。

これまで、脱衣所の床下に入れてあったので、作りっぱなしで消費するのを忘れがちだった。
今そこには、
20220706_1.jpg
この春に採った山菜(アイコ(ミヤマイラクサ)、ニオサク(エゾニュウ)、ワラビ)の塩漬けを入れたため、これら瓶詰めが追い出された格好。

常温で保管できるのが、瓶詰めのいいところだけど、3年以上は止めといた方がいいと思います。
冷蔵してたら、もう少しいけると思うけど・・・。


「なぜ料理に使ってくれないのか?」さる2号にインタビューしてみました。
「開けるのがめんどくさい。開けれない。」からだそうです。

そうか。納得です。
最近、握力の弱ってしまったせいで、さるでも素手ではオイソレと開けることはできない蓋の堅さです。

なので、今回「万能キャップオープナー」なるものを購入しました。
でも、それを使っただけではやっぱり開きませんでした。
我ながら、脱気加減がさすがです。


では、なかなか開けられない瓶の開け方について、説明します。

A:鍋にお湯を沸かして、瓶を逆さまに入れて暖めてから開ける
※これは、時間がかかるし、結局開けられないこともあるので、ススメするのを止めます。

B:今回試した手順です。
まずは万能オープナーで試してみる。
蓋と瓶の間にマイナスドライバーを突っ込み、テコの原理で少し蓋のヘリを広げる。
 ①をもう1っ回やってみる。
缶切りで、蓋に穴を開ける。
 (缶切りの尖ったところをグッと押し込むと比較的簡単に穴が開けられます。)
 ①をもう1回やってみる。

さすがに③までやるとあっさり開きます。
20220706_2.jpg
①、②を飛ばして、③だけでいい気もします。


さて、ヴィンテージ(’16年)もののタケノコですが、
蓋のヘリ(瓶の外側に接している)部分がだいぶ錆びてました。(なのでなおさら開け難い。)
蓋の天井部分も錆び始めてます。(中身は軽く洗った方がよさそうです。)
匂いを確認してみましたが、発酵臭はしませんでした。
大丈夫そうです。
蓋は証拠隠滅のためさっさと捨てて、この状態でさる2号に渡します。



でも、キノコの方はどうしよっかなー。
家人は食べるのを嫌がるだろうなー。
そのうち、密かに料理して何も言わずに食べさせてやるかー。
では。m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR