FC2ブログ

謎の藁人形23(北部方面ニンギョサマーツアー5)

   藁人形・地域 [2022/08/06]
謎の藁人形 (北部方面ニンギョサマーツアー1)同(2)同(3)同(4)の続きです。

過去2回の記事で比較的散らばった地域に点々とあった、ニンギョ様、ショウキ様を見終わって、
残りは、ある一帯に高密度で飾られているニンギョ(ウ)様です。
全部、調べ切れているとは云えないですが、それでもかなりの数があります。

前のポイントを出発したのが14時45分頃。
「果たして今日中に全部廻れるんだろうか?」と思い始めた。
帰りのことも考えると、最終的に棲家から150kmくらいの距離になるので、16時過ぎくらいには帰路に就きたいと思っていた。

ともかくダッシュで見て廻ります。


主にr68(釈迦内花岡白沢線)沿いにある集落にそれぞれ何体かずつ飾られているニンギョ様を南側の地区から見ていきます。

訪問先7地区目は、長面袋(ながおもてふくろ)です。
そもそも集落への災厄の侵入を防ぐのが目的の道祖神なので、昔ながらに出入口(道路)毎に飾っているようです。
長面袋地区では3体あるはず。

まずは北側のニンギョ様
数年前に調べた通りの場所にありました。
20220801_k15_1.jpg
小学生高学年くらいの大きさですね。
20220801_k15_2.jpg
頭部は木(おそらく骨も)で出来ていて、藁とゴザで体が作られています。
腰にお相撲さんのような綱を巻いておられます。
藁でできた手は非常に大きくちゃんと指もあります。
「無病息災」?かなんかの幟が一緒に立て掛けてありました。

そこから1分もかからないところに東側のニンギョ様が居られました。
空地に建てられているです。
※「お堂」は仏教、「祠」は神道だそうです。ニンギョ様の場合はどっち?賽三柱神とかになってるので「祠」が正しそう。
20220801_k16_1.jpg
はい、こちら。
20220801_k16_2.jpg
少しずつお顔が違うみたいです。
特徴的な大きな手とか腰の綱は一緒な感じの作りです。
20220801_k16_3.jpg
こちらは、「交通安全」とか「五穀豊穣」とか書いた行燈?も飾られてます。

残り1体が南側にあるハズ。
改めてそのポイントをナビに案内させようとしたら、ずいぶんな遠回りなルートを案内します。
「Uターンしたら一方通行とか?」と思って、案内通りに車を進めると、こんな橋。
20220801_k16_5.jpg
車1台が通るのがやっとの橋。
歩行者や自転車が来ても待たないといけない。

どうも、バカナビのようです。
向けている方向で案内するルートがコロコロ変わるみたい。
Uターンさせようって案内は避けている?
今回、これで相当惑わされてます。

幸いにしてだれも来なかったので、車を止めて川の様子。
20220801_k16_4.jpg
※実は二日前にこの川の下流で氾濫があったみたいです。こんな穏やかな川だったのに。見て回った地区の方たちは大丈夫だったかしら。

広めの県道に出て、方向的には戻ります。



ともかくエライ遠回りルートで3体目にたどり着きました。
20220801_k17_1.jpg
大きなお宅と畑の間。

20220801_k17_2.jpg
帽子を持ってました。(お出かけ用?)
20220801_k17_3.jpg
少しヤサ男風ですかね。

たいてい道端にあるみたいなので、予想通りに見つけられて効率が上がりそうです。

次の地区に移動です。


数分で粕田地区に入ります。
南側
20220801_k18_1.jpg
本当に集落の入口に祠がありました。
こんな感じのニンギョウ様です。
※こっから先は、ニンギョウ(人形)様と紹介しているサイトが多かったのでそう表記します。
でも地元の方たちは「ウ」を省略して呼んでるかもしれないですね。
20220801_k18_2.jpg
ミルマスカラス(古い?)風です。
20220801_k18_3.jpg
説明書きがありました。
20220801_k18_4.jpg
ここは男神さまだそうです。
下(シモ)の方は、強調表現はされてないみたいです。
「賽神三柱神」と書いてあり、男女2体の神様のようです。
下調べ通りもう一体飾ってりあるそうです。


では北側は?
こんなロケーション。南側から進むと左側にあります。
20220801_k19_1.jpg
(北側から撮った写真です。)
道路を挟んだ反対側には石塔があって、「猿田彦」「二十三夜」とか彫られています。
20220801_k19_2.jpg
さて、視線をニンギョウ様に移すと、顔色は白塗り。
デ〇夫人的なお化粧具合。
20220801_k19_3.jpg
前と同じように説明書きがあります。
20220801_k19_4.jpg
ショートカットですが美人です。

さあ、次に向かいましょう。
遠目にみても、何かありそうな雰囲気の背の高い木が見えます。
20220801_k19_5.jpg

あそこだっけ?
とも思いましたが、ストリートビューで散々まさぐって見たのを思い出しました。
あそこではないんだよなー。


ほどほどの長さになったので、またも一旦切ります。
次回に続くー。
(いったい、いつ完結するんだ?)
では、また。m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR