FC2ブログ

仕方なくDIY再s2ep13:第1次アネコ虫侵入対策

   DIY [2022/09/05]
先週、お盆過ぎからの長雨が続いていました。
スッキリ晴れる日がありません。
予報では週末含めて雨模様。
お天気を見計らって農作業しに実家ソロキャンプしようかと思ってたのですが、諦めてDIYに専念することにしました。
(途中、キノコ採りには行ったけどね。)


さて、アネコ虫とは、
さるの棲む北の方言でカメムシ(特にクサギカメムシ)のことです。
枯れ葉色の刺激するとくっさい臭いを放つやつです。

9月の中旬(稲刈り時期)から10月下旬にかけて、大挙して実家屋敷に押しかけてきます。
主な侵入経路は、南向きの縁側、2階の南側窓と思われます。

今回、奥の西向きの部屋を修理するに当たって、縁側を作業場所にしようと考えている関係で、
その、アネコ虫の侵入防止対策を少しやろうとしています。

手始めは、1階の縁側の戸袋付近。
前週、ここまでやった
20220825_d5.jpg

その続きをやりました。


特にそれ用に材料は買わずに、解体したタンス類の破材をメインに内壁として貼りました。
こんな感じになりました。
20220901_d1.jpg

一部、黒かったり、ベニヤ板だったりしますが、見栄えはお構いなしとしました。

これで「できたー」とか思ったらさにあらず。
戸袋周辺を見渡すと・・・

a)縁側の引き戸の出口のところに、1cm近くの隙間があります。
20220901_d2.jpg
これじゃぁ入りたい放題ですよね。
ヤツらは、2mm隙間があれば通れると言われています。
確かに薄っぺらい体つきです。

b)戸袋の付け根にこんなスキマが・・・。
20220901_d3.jpg
油断ならないからここも塞ぎたい。

c)縁側の引き戸自体も歪んでいるので、隙間だらけ。
20220901_d4.jpg
ガラスが割れて、穴が空いてるところも。

a)は、使ってないアルミのL字の金具があったのでそれを取り付けた上で、スキマ埋めスポンジを張り付けてやりました。
20220902_d4.jpg
戸を閉めるとこんな。
20220902_d3.jpg
まあ、よさげです。

b)は、断熱材の破材を薄く切って突っ込んでやりました。

c)は・・・、
縁側自体が現在物でいっぱいで、全部はできそうにない。
・引き戸の間は隙間埋めテープか?
・引き戸の板自体の隙間はシリコンシーラント辺りで埋めるか?
ちょっと材料を調達しないといけないし、費用もかかりそうなこともあって先送りです。
割れたガラスは接着剤でくっつけて、空いちゃってるところに対候性のプラダンをはめてやりました。

これで一区切り。

2階の窓にも戸袋があって、そこも同じように隙間だらけだったので、同じように内壁を入れてやりました。
20220903_d3.jpg
2階は、2年くらい掃除してなかったので、虫の死骸の多さが衝撃的過ぎたので、Beforの写真はありません。(自主規制)

ここも同じく引き戸と戸袋の間に隙間があったので、再度材料を調達して修理すれば、これで1次対策完了です。

ただし、これで侵入を完全に防げるなんて安易には考えていません。
2次、3次対策までやるつもり。
ちょっと時間が掛かりそうだけど・・・

やったら続報します。
では。
m(__)m
スポンサーサイト



tag : カメ虫侵入対策



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR