FC2ブログ

’22秋シーズン部活2回目:ハナビラタケ狩り&露天風呂

   山菜・きのこ採り [2022/09/10]
慌てて畑にダイコン/ハクサイ/コマツナを足掛け3日掛けて植えたのだが、その後、北はお天気続き。
あんなに慌てることなかった・・・とほほ。


さて、週末なので部活です。
先週、思いがけずタマゴタケを大量採取しているので、さると山友2は調子に乗っちゃってます。

今回も山友2が山登りしてるときにハナビラタケを見つけたことがある場所へ案内してくれると云うので、ホイホイと連れてってもらいました。

現地到着・・・・なんだ、6月下旬によくタケノコを採りに来てた山ですね。
(ここ4~5年は入ってないが・・・)

「キノコ採り」は、まめに山に入っている人には敵わない』と亡き爺さまがよく言っておりました。
「この山ではこの時期にこれが生える」というのは、経験が一番ものをいうからです。

その点、山友2は頻繁に山登りをしてたので、最近「+キノコの知識」を身に着けてメキメキと腕を上げてる感じです。

山道を登って15分くらい。
カラマツの混ざった雑木林を30分くらい徘徊します。
が、とくにめぼしいキノコには出会わず。
あるのは、アミタケみたいなイグチ系のキノコと最近話題のドクツルタケくらい。
たまにこんなの。
20220910_k1.jpg
(ただいま正体を調査中。)

一旦、山道に戻ります。

山友2が「ハナビラタケを見つけたのは山道脇」との証言を元に「じゃあ、下りながら探しますか。」と言って・・・


ものの数分でめっけ!
20220910_k2.jpg
2株!
20220910_k3.jpg
「おお!これこれ!」

がぜんやる気を取り戻したものの、2匹目のドジョウは見つからず
そのまま一旦下山。

場所を変えて、ミズのコブ収集に趣旨変更。
・・・
さらにそれも終えて

「汗をかいたので、温泉に行きましょう」
山友2のご提案で、滝そのものが温泉というこちらの名所へ。
20220910_k12.jpg
温泉地によくある「xx地獄」という呼び名の地殻活動を感じられるところ。
そこから湧き出ている温泉が渓流になって流れています。

その下流(駐車場から遊歩道を15分くらい)に歩いて下ると、
20220910_k9.jpg
こんな滝が見えてきます。
20220910_k11.jpg
滝壺には
20220910_k10.jpg
人が半裸で入っています。
滝全体が温泉ですから。


山友1とも以前タケノコ採り帰りに寄ってみたことがあるけど、そのときは準備してきてなかったので、足湯レベルでしか入ってない。
今回は海パン持参。
注)水着着用の無料で入れる天然混浴露天温泉です。水着に着替えるための男女別脱衣所が滝の脇にあります。
ただし、お湯の流れているところ(温泉渓流)を渡らないと脱衣所に行けないので、濡れてもいい履物か一旦裸足になって渡らないといけません。もし入りたいという方は、駐車場から水着/タオル/少し濡れてもいい履物を持参するのがいいでしょう。かつ脱衣所に荷物は置けないので、着替えその他を持ち歩く入れ物も必要です。


山の散策でだいぶ汗をかいたので、さーっぱりして帰ってきました。
下界は真夏日の気温予報ですが、ここは標高が高いので、26~28℃くらいでしょうか。
この時期、xx地獄を散策して汗をかいた方でもスッキリして帰れること間違いなしです。


キノコ採りがメインか、露天風呂がメインだったか分からない回になってしまいましたが、十分満足して今回の部活終了です。
行った場所がどこかお気づきの方おられたら水着持参でぜひどうぞ。
m(__)m
スポンサーサイト



tag : ハナビラタケ



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR