FC2ブログ

採ったら食べよー(15):春の恵みを食す

   山菜・きのこ採り [2020/01/01]
昨年見かけたキノコの写真をHP(さるは自然食)とか、きのこ図鑑に追加しようと整理していたら・・・
春に山菜採りをしたときの料理の写真が幾つか出てきました。
どうも、「採ったら食べよー」ネタにしようと思ってたはずなのですが、すっかり忘れてたみたいです。

この時期たいして書くこともないので、古い話で恐縮ですが載せてしまいます。

最初は、ニオサク(えぞにゅう)の煮物
20190518_r1.jpg
シロだしで、鶏肉、油揚げ、コブ、シラタキと一緒に煮物にしました。
ニオサクはやっぱイケます。

次が、アイコ(ミヤマイラクサ)の油炒め
20190518_r2.jpg
ベーコンと一緒に炒めています。
さる家では、定番の料理なのですが、このアイコは茹でて冷凍したものを解凍して使っています。
「どうにかシナシナにならないような解凍の仕方を探してから料理してやろう」と思っていたのですが、問答無用で使われてしまいました。つべこべ言うと逆襲に合うので黙っていただきました。

3品目は、ホンナ(イヌドウナ)のお浸し
20190519_r1.jpg
甘めに味付けされたゴマ味噌をからめていただきました。
けっこうイケた。

それから、以前の書き込み「ワラビ漬けてみました・・・」の後日談をついでに・・・





5月の下旬くらいに採ってきたワラビを塩漬けにしてました。
20190809_r1.jpg

8月の中旬に少し出してきて、塩抜きして食べてみました。
大丈夫でした。

塩抜きの方法は、
①紐で縛った状態のまま、塩を洗い流します。
②鍋に水を入れて束ねたワラビを入れます。
③鍋を火にかけて、水が温まってプクプクしだしたら火を止めます。
 (沸騰させてはいけない)
④少し冷まして、鍋の水を取り替えます。
⑤さらに数時間水にさらして、2~3回水を取り替えながら、1日くらい置きます。
これで、塩抜き完了です。

たぶん、③と④の熱し加減/冷やし加減でワラビの生サクサク感が変わると思います。
単に、水に晒して水を取り替えつつ塩抜きするだけが、一番サクサク加減が保てると思いますが、
それだと塩抜き時間が2日くらい必要だそうです。

うまく塩抜きできると、
お浸しみたいにして、生姜醤油/マヨネーズとかで食べられます。
20190810_r1.jpg


あと、さる家、あるいはさる一族内では、年末/お正月料理の定番である納豆汁にこのワラビの塩漬けは欠かせないものとさるは思ってます。
20191231_r1.jpg


納豆汁の作り方

①ワラビの塩漬けを塩抜きし、適当なサイズに切ります。
②サモダシ(ナラタケ)の瓶詰めを空けます。
③つぶ納豆をすり鉢ですり潰します。
 3人前で1パックくらい。
④サトイモ、豆腐を食べやすいサイズに切ります。
⑤鍋に水を入れて火にかけて、サトイモを投入します。
⑥ワラビ、サモダシ、豆腐を投入します。
⑦味噌とすりつぶした納豆を入れます。
⑧ネギをみじん切り、セリを細かく切っておきます。
⑨サトイモが煮えたら出来上がり。

うんまいぞー。

ちなみに今回のサトイモはさるの畑からのものです。
ワラビ、サモダシは山から採ってきて、保存してたものなので、春と秋の収穫を一度に食すことになります。
ちょっと贅沢ですよね。
でも、納豆臭プンプンの味噌汁なので、納豆が苦手な方にはお勧めしません。

では、この話はこの辺で。
まだ、キノコを料理したときの写真が・・・
m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR