FC2ブログ

嬉し恥ずかしお百姓Season2(1):ブルーベリーを地植え

   園芸 [2020/04/13]
冬のあいだ、例年には考えられない程、雪が降らなかった。
実家内陸部の積雪は、ホンの一時期1mくらいはあったかと思うが、普段の半分。
お陰で、例年だと3回~4回の雪下ろしするのが、今回は1回しかしないで済んだ。

ともかく、いつもより雪解けが1か月くらい早い。

畑の雪も早めに無くなったので・・・
自宅裏に鉢植え/ポットで育ててたブルーベリーの苗を畑に移すことにした。

YouTube先生が、春先に地植えするのだと言ってたから。

でも、先生が地植えした苗よりだいぶ小さい。
挿し木して、2年近く経ってるけど、まだ早いのかな。
それでも、ポットのままだと、始終水やりを気にしないといけないので、とっとと巣立ってもらおうと。

1日目
ピートモスという土をホームセンターで買いました。
20L入りをとりあえず10個。行ったホームセンターでは数量が足らず、このときはこれだけ。
約5000円。

実家畑の荒らしたままの部分に、φ50cm×d60cm穴を34個掘りました。
20200328_3.jpg

これでこの日は終了。


2日目
前日、1穴にピートモスがどれくらい入るのか確認してました。
一袋20L丸々入りました。
つまり、34穴あるので、あと25袋のピートモスが必要と言うことになります。
あと、1万円くらい必要ということ。

・・・ちょっとキツイなーと思ってた。
でも、馴染みのホームセンターには12袋しか無かったのでそれで間に合わせることに。

車にいっぱいの土と苗34本をつんで、現地到着。


手順は、

苗のポットが地面の高さで入るくらいの高さにまで掘った土と水で戻した(?)ピートモスで穴を埋め戻します。
この時、肥料(ボカシ)も入れて、穴の中で良く混ぜます。


次に、水で戻したピートモスで穴を充填して、苗を植えるように先生は言ってたのですが、
そうすると、ピート君が足らなくなる。
なので、穴の真ん中にピート君を山盛りにして、その周りに掘った土を埋め戻すことにした。


真ん中を穿って、ポットから出した苗を植える。
その後に、苗回りに肥料を2掴みくらい撒く。



何が大変て
ピート君を水で戻すのに結構な量の水が必要なのです。
それに対して、畑の周りの水場は、畑下の側溝しかなく。
畑から側溝まで降りる距離も40~50mくらいあって、アクセスが良くない。

なので、土手を削って水場まで降りるショートカット階段を作った。
側溝を堰き止める土嚢替わりも用意。
なんだかんだで、午前中は水汲みの段取りに費やした。

でもって、
ピートモスを一輪車(ネコ)の荷台にあけて、
そこにバケツで汲んだ水を入れて、
よく混ぜる。
そのまま、植え付ける場所まで運んで、
穴に放り込む。

15株植えたところで、夕方になってしまった。


3日目
天気が良かったので、
オマンマのタネをお休みにさせてもらって前日の続きをやりました。
なんだかんだで、結局残りの20株植えるのに、その日1日を費やしました。
20200412_b1.jpg
(見えてる、枝は、「ここに植わってるよ」の単なる目印です。苗はもっと小さい。)

天気もよくて気持ちよかったけどね。


その後、2週間くらい。
気のせいか、余り苗の元気が無いように見える。

植えた翌日に雪がちらついたり、冷えたせいかな?
それともピートモスをケチったせいか?
20200412_b2.jpg

ともかく、元気になるか見守ります。
育ってくれるといいな。

では、この話はこの辺で。
m(__)m







スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR