FC2ブログ

採ったら食べよー(17):ニオサクで2品

   山菜・きのこ採り [2020/05/03]
一昨日、雨で外に行けなかったので、
家で、採ってきたニオサク(蝦夷にゅう)を料理してみました。

ニオサクは、2日前に山で採ってきたもの。
下茹でしたものを、2日間水を取り替えつつさらしてあります。
20200429_2.jpg

食感はフキに似てます。
むしろフキより癖が少なくて、かつ食べ応えもある。

例年、思ったような料理にしてもらえないので、この機にさっさと食べたいものに調理してしまいます。

まずは、まださるが山菜採りにそれほどハマる前の若かりしころ、
知り合いの奥様がこさえて食べさせてくれた、ニオサクの甘辛煮
ずっと食べたかったんです。

当然、ずいぶん昔のことだし、作り方なんか聞いてないから手探りです。
「フキの甘辛煮」で検索した作り方を参考にしました。

ニオサク500gを適当な長さ(2.5cmくらい)にぶつ切り。
太いのは、縦に半分とかに。

フライパン(深め)にごま油を薄くひいて、ニオサクを投入して軽く炒めます。

「出し汁1/2カップ」とあったが、出し汁なんか用意してないから、梅昆布茶をパラパラ振って、水100ccを投入。
※1/2カップって100ccなのね。

砂糖大さじ2~3、酒50~100cc、みりん大さじ2、醤油50~100ccを投入。
※参考のフキの甘辛煮の作り方だとかなり濃くなりそうだったので、かなり適当に減らして少ない方の分量でやりました。

鷹の爪を細かく切ったものをパラパラ入れます。
お好みです。
さるは自家製の粗びき一味唐辛子を3摘まみ入れた。

弱火で水分が飛ぶまで煮込みます。

出来上がり。
20200501_s1.jpg
家人からは、辛すぎるとまたもや不評。

続いてもう一品・・・


家人にニオサク料理で何がいいかと尋ねたら、「キンピラ」とのリクエスト。
なのでニオサクのキンピラ作ってみました。
Web上にあったキンピラゴボウの作り方を参考にしました。

冷蔵庫をあさりましたが、ニンジンが見当たりません。
やむなく、スーパーに調達しに。(最近このパターンが多い。)

では、始めます。
ニオサク400gは3~4cmくらいにぶつ切りにし、さらに縦に粗く短冊に切りにします。
ニンジン(太め2/3本)も(皮を剥いて)短冊切りにします。こっちは3cmくらいの長さ。

フライパンにゴマ油をひいて、ニオサク&ニンジンを投入し、炒めます。

炒めている間に、醤油大さじ2、砂糖大さじ1、みりん大さじ1、顆粒和風だし少々(なかったので入れてない)を投入。

白いりゴマと一味唐辛子をお好みで投入。

ニオサクから出た水分がほぼほぼ飛ぶまで、炒めます。

出来上がり。
20200501_s2.jpg

これは、美味かったようです。


くしくも、同じような調味料で、濃い味付けか薄いか、煮込むか炒めるかの違いくらいの2品でした。

こちらのスーパーでは、「ニオサクの水煮」というのが、たまに売られてますが、他の地域にもあるんでしょうか。
もし、あったらお試しあれ。
フキより美味いって。

では、この話もこの辺で。
m(__)m



スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR