FC2ブログ

’20キノコ採り(7):ナメコ・フィーバー

   山菜・きのこ採り [2020/12/11]
もう1か月以上前からの話です。
前回(「’20キノコ採り(6)続編」)、危うく食中するところだったのですが、
だからと言ってキノコを採りにいくのを控えるなんてことはありません。
晩秋には晩秋のキノコってものがあるからです。

ナラタケ、ハナイグチ等を採った翌週の土曜は雨で、皆で出掛ける部活は一回お休みだったのですが、
その翌日にかろうじて曇りだったので、畑にサトイモとダイコンをちょい収穫しに行った。
すると、畑への山道で、
20201031_1.jpg
クリタケが生えてました。
畑の帰りにさらに探すと、それなりにありました。
20201031_2.jpg
ちっちゃいバケツで1杯くらい採った。
※後ろの方のクリタケは幾分色が薄かったので、念のため齧って、ニガクリタケでないことは確認しました。

俄然、翌週への期待が増します。
・・・

一週間をやり過ごして、部活の再開です。
「この時期なら里山」とも思ったのですが、山友2の意見を尊重して指定の山へ・・・

見事に外しました。
このシーズン初のボウズです。
なーんにも採らずに帰ってきた。
10年ぶりくらいのボウズは、却って清々しい気分でした。
(帰ってからキノコ洗いをすることもなく、晩酌するだけです。)

ちょっと、気が抜けちゃった感じで、翌週は雨で再度部活はお休み。
さらにその次の週・・・



11月ももう半ばです。
そのそろナメコだ!
気合を入れて、3人で山奥まで行くと、ちょっとまだ早かった。
幼菌の状態のポイントを2箇所スルーして、
20201114_1.jpg
ようやく、採取してもよさげな大きさ。

さらに、ちょっとしたクリタケ。
20201114_2.jpg

諦めきれずに、別の沢に入って、帰りがけにちゃんとしたナメコ発見。
20201114_3.jpg

調子にのって少し斜面を這い上がって、クリタケ。
20201114_4.jpg
もういっちょクリタケ。
20201114_5.jpg

結局、この時は大きなスーパーの袋に半分くらいのナメコを採取。
クリタケは、下山途中にコケた拍子に落としてきちゃったみたいで、腰籠から脱出してた。
とほ。


さて、「今シーズン最終の部活だー」と気合を入れてた翌週。
部員1名は、「平日にナメコを採りまくったから、もういい。」、もう1名は、「別の用事が出来た。」とこの期に及んで部活拒否。
ちょっとイジケて、一人で山奥へ。

ポイントが、非舗装道路を時速20kmで30分くらい入ったところなので、ちょっと不安です。
数年前までは一人で平気だったけど、11月に入ってから来るのは初めてだし、最近はやたらとクマ出没情報があるのでね。
さすがにこの時期だと、同業の方の車も見かけられず、叫んでもだれも来てくれないのは確実です。

ともかく現地に到着し、車から降りて、装備して狙いのポイントまで歩き始めます。
曇り空です。
携帯ラジオを点けて見たけど、AMすら受信感度が悪くて大きな音が出ません。

5分程歩いたら、数十メートル先にキツネ(たぶん)。
「おいおい脅かすなよ~」と独り言。
でも、めげないめげない。怖がらない。腰にはもあるし。

狙ってたポイント到着。
昨年見つけた菌床ブナです。
20201123_1.jpg
うっひゃー!
20201123_2.jpg
これ全部ひとり占め!
20201123_3.jpg
慌てず、丁寧に採ってたら、雪がちらついてきた。
でも、もうこれ見ちゃったら平気。
採り切るのに30分くらいかかったかと思います。

これで、大きなスーパーの袋に一杯になったんだけど、
「せっかく来たんだから、もっと採ってい」と頭の中で強欲ざるがささやきます。

なので、前週に見て回った沢(幼菌状態が多かった。)を再度見て回りました。
入口で。
20201123_4.jpg

見上げたら。
20201123_5.jpg
木登りナメコ! ただし、これには手が届きません。
なので一旦スルーして、帰りの際に木の枝でコソギ落としてちょっと採取した。

前週の取り残しが育ってた。
20201123_6.jpg

もう、ぷりっ
20201123_7.jpg
ぷり。
20201123_8.jpg

1時間半くらい徘徊して、しゅーりょー。

結果、こんくらいになりました。
20201123_9.jpg
測ってないけど7~8kgくらいはあったと思う。
一回で採ったナメコの量としては、過去最高でしょう。
出だしの不安感はどこへやらでした。

帰宅して、3時間掛けて洗いと下茹でをしました。
※ナメコは生のまま、冷蔵しても1週間くらい持つし、冷凍もしていいという話を耳にしました。そうなのかな。その方がヌメリも残るし、色合いもそのままにできるそうだ。

山友2が美味いと言ってた、生から「焼き」を試してみました。
20201123_10.jpg
グリルで塩とバターで味付け。
20201123_11.jpg
んー。そっかなー。まあ、ナメコの風味は邪魔してない感じ。

「全部茹でて、貰い手がなければ瓶詰めを作ろうと」思って、こうなりました。
20201123_12.jpg

1kgくらいは、近所にお裾分けしましたが、まだ大量にあって、2日に一回はナメコを使った料理を食べてます。
去年作ったナメコの瓶詰めは、手を出さないのに、今年のはどんどん消費してます。

うっひっひ。

では、ナメコまみれの話はこの辺で。
m(__)m


スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR