FC2ブログ

夏~秋に見たもの

   自然観察 [2020/12/13]
今朝起きたら、雪が降ってた。
20201213_1.jpg
もうそんな季節なんだな。

こんな時期ですが、行き場がなかった写真の整理をしてます。
夏以降に畑の行き帰り、あるいはキノコ採りのときに見たものです。

◆ミヤマウズラ(深山鶉)
畑に向かう山道の峠付近で見かけました。
20200814_mu.jpg
はじめて見ます。
最初、白いネジバナかと思ったのですが、葉っぱの形や大きさがまったく違います。

ラン科シュスラン属。
へー、ランなんですね。葉っぱの模様がウズラの卵の模様のように斑になってる場合があるのでこの名前だそうです。
写真の個体はさほど斑になってない。花が咲く場合も片側に偏って咲くらしいけど、この個体はそうでもない。
ヒメミヤマウズラというのもあるらしいけど、そっちの方が、葉っぱの斑模様がはっきりしているようでした。
でも正確にはヒメが付くのか付かないのか判断できません。
葉っぱは4~5cmくらい、花は4~6mmくらいだったかと。


◆センチコガネ(雪隠黄金虫)
キノコ採りしにいった山の中で見かけました。
20200922_ck.jpg
山道上でピカピカ黒光りするので、なんだろうと思ったらコイツでした。
2cmくらいの大きさ。
センチコガネ科という表現なので、もっと細かい分類名がるのかも。
いずれ、動物の糞とか死体にたかる虫だそうです。
漢字表記したときの「雪隠」は便所のことで、この類のものを糞虫と呼んでるみたい。
(「セッチン」ではなくなぜ「センチ」なのだろう。)
なので、ぴかぴかして綺麗だけどちょっとキモイ。

カナブンの類ですよね。春に棲家の周りをぶんぶん飛んでいるのもいたので、今度よく見て見よう。


これは・・・
単なる柿林です。畑の奥側がこうなってます。
居なくなったおもちゃドローンを探しているときに撮影。
20200906_kk.jpg

もうちょっと続きます・・・


◆アカヤマタケ(赤山茸)
庭に傘が黄土~オレンジ色のキノコが生えた。(そのときの写真はない。)
傘の径は、4~6cmくらいだったと思う。
数日すると真っ黒になってた。
20200930_ay.jpg
最初、オレンジ色のキノコとは別物が生えたのだと思ったが、どうも古くなって変色したらしい。
調べた結果、アカヤマタケなのだと思います。
ヌメリガサ科アカヤマタケ属。
食べられません。

今年、山で見かけたもっと真っ赤なキノコはベニヤマタケというやつで。
アカとベニで名前的に紛らわしい。


◆アカスジキンカメムシ(赤条金亀虫)
キノコ採りに行ったときの山道脇で見かけた。
20201010_ak.jpg
この白黒模様の状態は、幼虫のときの最終段階なんだって。
もっと幼い幼虫のときや、成虫のときは緑のピカピカしたカメムシのようです。
「歩く宝石とも呼ばれる」とも書いてありました。
ホンマけ?
でも、カメムシなんでしょう?臭いんでしょ?
・・・さほどでもないらしい。なら許す。


◆マユミ(檀)
HPかここでも何回か出した・・・(かな)。
ともかく、よく行く里山で一本生えてるのを見たことがあったが、そこの木はいつの間にやら見なくなった。
たぶん誰か持って帰ったのかと思う。
それと前後して、なぜか実家の裏に生えてた。(犯人は爺さん?)
いずれ、毎年秋になると、こうなります。
20201025_my.jpg
ピンク色の部分は、花ではなく実です。
可愛げな色ですよねー。でもこれが、毒なんだって。でも、鳥は食べるらしい。
昔はこの木で、弓を作ったから真弓というそうだ。


◆ミドリスギタケ(緑杉茸)かな~
栗林にナラタケが出て、それからクリタケも出たころまで、
倒木を積み重ねておいたところの杉の切り口からこのキノコが出てました。
20201025_sg.jpg
ちょっと見美味そうです。
でも、こんだけ長い間変色もせず、みずみずしい感じは逆に怪しい。

さんざん調べたけど、コレだという教師画像が見つかりませんでした。
ミドリスギタケはかなり傘の色がバラエティに富むらしい。
傘のササクレ?ポツポツもハッキリしてたり、ただのソバカス状だったり。
スギという表現は、スギタケの傘のササクレが杉の葉っぽく見えるからなのかよくわからないが、杉の木によく生えるという意味ではないらしい。(今回はスギの木だったけどね。)

いずれ、毒キノコの可能性があるので注意しましょう。


◆カマツカ(鎌柄)
畑に行く途中の栗林の中で見つけました。
20201025_km.jpg

例年、この木(実)を見つけた辺りも、草刈り機で細い低木もガリガリ刈るので、実が生ってるところを見ることはなかった。
でも、今年は林の中の草刈りをサボったお陰で、こんな木が生えてるのに気が付いたってわけです。
秋に赤い実を付ける植物(木)は割と多いみたいで、「これだ」と分かるまでちょっと時間が掛かった。
(赤い実を付けると言う括りで、観賞用に育てられることもある木には「一両」から「億両」まで種類があるんだね。)

名前の由来は、木が硬いので鎌の柄に使ったからだそうです。
この実は現場で齧ってみたが、ちょっと甘酸っぱかった。食べられるって。

もうちょっと日当たりのいい場所を好むらしい。
邪魔だし、植替えてやろうかしら。


最後に
20201122_3.jpg
畑にあった、採らずにほったらかした柿の実です。

何者かに食べられた形跡があります。
高さがさるの胸の位置くらいなので、立ち上がると1m以上はあるヤツということになります。
別の木では、こんな爪痕?もありました。
20201122_4.jpg
ここは、さるの頭の位置くらいの高さで、土手際だったので、これに前足?が届くということは、さると同じくらいの背丈か、ジャンプしたか。

・・・・・・・・

くっ クマが来たぞー!
ひーーっ、くわばらくわばら。


ゴミ写真の整理でした。
では、この辺で。m(__)m

スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR