FC2ブログ

仕方なくDIY再び(5:真っすぐ切れません)

   DIY [2021/08/13]
今週、火曜あたりから雨模様の天気で、急に気温が下がりました。
ちょっと拍子抜けた感じ。

曇り/晴れ間を見計らっての草刈りには持って来いなんだけど・・・実家の修理を優先させてます。

今シーズンのお百姓仕事は前半かなり手抜きで無責任状態です。
(そっちの話はまた別の機会に。)

前回、床の捨張りを一応終えたので、「床を仕上げるぞー。」と始めたはいいのですが・・・


材料がなんか高い。
今回から、材料は購入です。(これまでは、廃材を使ってたので、木材代としてはタダ。)
こんなタイミングでウッドショックとかなんですって?クソっ!
(ガソリン代も高止まりしてるし、なんだかなー。)

これまで、セメントレンガや砂利、防湿シート、シロアリ駆除剤なんかへの出費をチマチマしてきたのですが、
一度の出費としては最大でした。とほほ。

今現在、出費累計は9万近く(交通費除く)。冬の間の下屋の仮修理に使った木材2万と合わせたら、11万/'21超えちゃってます。
まだ、内装材料、電気配線、照明器具とかもあるので・・・いったいいくらになるやら。
それに下屋の本修理代もあったんだった。
合わせたら・・・ハァ~~。溜息がでちゃいますね。

今回くらいはまだしも、実家の建物は徐々に壊れてくる箇所は続くか、増えると予想されます。
こんな感じで、数十万単位で出費して、結局負の遺産を残すのか、数メガ円掛けて解体してしまった方がいいのか・・・。
悩ましいですね。

話が逸れました。戻します。

部屋内部を解体したときの廃材を家の軒下に雨ざらししてあったのですが、今回の壁に使えないかと思って、またもや廃材物色。
いくらかチョイスして、雨の当たらないところに移動。


さあ、床を張りましょう。
ところでフローリング材ってどう張るの?
そこからでした。

ネットで調べます。

接着材とかも使うって?
でも、今回さるの目標は、「再解体もし易いように」なので、
「申し訳程度の釘(:板毎起こせば抜ける。)と組み合わせた全体の端は木ねじで捨張りに止める」としました。

では、奥の元物置部屋から。

・基本的に、フローリング材は切らずに部屋の真ん中に張る。
・部屋の壁周りには柱があってデコボコしているので、コンパネをそれに合わせて切って張る。
・どうせ、部屋の壁沿いには物を置くだろうから、見えなくなるので見栄えは妥協する。

というわけで、部屋の入口の敷居に合わせて直角にフローリング板を敷き始めた.。

ところが、反対側がちょっとずつ階段状になってしまいます。
途中までやったものを一旦剥いで、もう一回敷きなおしたけど、途中からやっぱりで階段状になってしまう。

あきらめて、階段状になった部分を電ノコカット。
でも思った通り、真っすぐには切れず、波打っちゃいました。
とほほ、カッコ悪い。
(後で思ったんだけど、差金を当ててカッターで何度も切ったら良かったかも。 フローリング板の繋ぎ目のオス部分はカッターで切った。)

まあ、これ以上何かしても、さらに状態を悪くするだけだと考えて、周辺にコンパネを切って張る作業に移行。

続きます。







コンパネを切る際、切り取り線を書きます。
それに沿って、フリーハンドで電ノコを操作しても、まーーすぐには切れません。
熟練したらできるようになるのかもしれませんが、さるにその腕はありません。

以前、Youtube先生が、L字のレール?をコンパネに釘止めして、それに沿って切れば真っすぐ切れるようなことを言ってたので、それを試します。(実はだいぶ前に一回やったことがあって、その結果は「微妙」でした。)

L字レールに開けた穴に比べて釘が細いとか、途中途中釘で止めないと金具が動く、浮くとかあって何回やってもまーーすぐに切ることはできませんでした。
むしろフリーハンドより波打つ有様。
特に幅広に長い距離(フルの180cm)を切ろうとするとてんでダメ。

作業台がぐらついてたのも、一因としてあったかもしれません。
Youtube先生は、腰よりも高くてコンパネと同じくらい広い作業台で10cmくらいの幅を切り出す実演はしてたのですが。
ちょっと、作業条件が違い過ぎてて当てにならないのかも。


結果、奥のスペースはこんな床になりました。
20210813_1.jpg

コンパネとフローリングの間はこんなザマです。
20210813_2.jpg
ちぇっ です。

部屋の周囲には柱が見えてて、なのでコンパネもこんな風に加工しなくちゃいけなくて。
20210813_3.jpg

挙句、寸法を測り間違えて、こんなに下地が見えちゃってるところも。
20210813_4.jpg
注)なんで部屋の中に雨樋ようの竪パイプが出てるかは、後々説明するときがくると思います。今は気にしないで下さい。


ここで、ちょっと疑問です。
電動丸ノコには、刃を入れる深さや角度を決める金具が付いてます。(ベースプレートと云うらしい。)
それを、板面にぺたっとさせて丸ノコを板上で滑らせるように切ります。
でも、その金具は刃を境にして左側が広くなってます。

使っている人が右利きで、縦長の材料を切る場合、材料の左側に立って、右手で丸ノコを持ちたいはずです。
材料を切り出すときに、当然広い側を台の上、左側に持ってきたいですよね。
先の金具もそうなのですが、丸ノコ定規という部品もあってそれは今度は板の右ヘリを滑らせるように作られてる。

丸ノコは、材料の右側を切るようにできてるっぽい。(Youtube先生はたいてい材料の右側を切り出してます。)
なんかこれって左利き用?
右利き用だとすれば理に適ってないような・・・。
幅広の材料でかつ縦長の材料の右側を切る場合、残る材料/作業台がじゃまで、奥行側が切れません。

なんか納得いかない!


そうこうしている内に、作業台にしてた「もの」が壊れました。
20210813_5.jpg

本来の使いそうな目的とは違ったダーティな使い方なので、無理もない。

これから益々、コンパネを切りまくろうってときに。
台がないとやりにくいのよ。

長くなりそうなので、一旦切ります。
続きはまた次回。 では。
m(__)m




スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR