FC2ブログ

仕方なくDIY再び(12:壁に穴を開ける)

   DIY [2021/09/26]
4連休2日目。
予報通り、(朝の)天気は雨。

冬に備えた最低限のところ(サッシと雪囲いの復元)を前日に終え、室内の続きを再開しました。
今回の作業対象は、この西向きの壁。
下の写真の左側です。
20210829_d4.jpg
室内なのに、雨樋の菅が床下から出てます。

なぜそうしたのか。

シロアリ対策の仕上げとでも云うんでしょうか。

シロアリの駆除や予防をあれこれ調べているときに、
①「シロアリは風通しのあるところを好まない」という話があった。
最近の家屋だと、床下に風を通すための穴がありますよね。
(さるの棲家の方にはある。開け閉めができるようになっていて、冬には閉めるが、春には開ける。)

でも、実家のボロ屋敷には、そんなものはない。
何十年も前に外壁をトタンで覆った際に、そんな知識はなかったのかもしれない。
屋敷の南向きのところに唯一猫が出入りできるくらいの穴はあるが、それ一か所のみ。
そんなのでは、床下の湿気対策にはなるはずもない。

もう一つ。
農具や木材(廃材)やらなにやら、色んなものが押し込まれている実家の納屋に、
②使われていない換気扇が2台あったことをふと思い出した。
どうも未使用品のようだった。なぜ、そこに置きっぱになっていたのかは不明です。

それを使えば換気できるのではと考えた。
納屋の中をまさぐって、1台の換気扇を日の当たる場所に出してきました。
「あっかっるーいナッショッナール」とかつて歌われていたブランド名が記されてます。
電気を入れたら動いた。使えそうだった。

なので、床下のシロアリ対策をしていたときから、その最終対策としてイメージしてたものの実現に着手。


まずは、壁に穴を開ける必要がある!
素人大工にとっては、結構ハードル高い。

外はトタン。内は木材の板。間は不明。
端の方からバラすのとは分けが違う。
壊れたところを復元するのとも違う。
もしも、やり方が不味くて、ボロ屋に致命的な事態を引き起こすかも・・・
(ちょっと大げさですね。)

いつもより、ちょっとドキドキしながら作業開始。
20210924_0.jpg

まずは、「換気扇とその取り付け材をどういう風に作るか」考えること1時間。
それに合う材料を見繕うのに30分。

穴の寸法が決まりました。 27x27cm

内壁の板に線を引いて、丸鋸を入れます。

続きます。


丸鋸のベースプレートが邪魔で寸法キッチリには切れない。
なので、ここで今回新調したグラインダーの登場です。

ノコが入るくらいの穴をグラインダーで空けます。
火事になるかと思われるくらい煙が出たが、何とか穴は開けられた。

外トタンと内板の間にはもう1枚板材が入っていただけで、心配していた土壁は登場しなかった。ε-(´∀`*)ホッ

ノコギリ/グラインダーで、27×27cmの寸法に穴の縁を整えます。
外のトタンが見えたので、四角穴の四隅に目印の穴をドリルで開けます。
グラインダーでトタン鋏が入るくらいにまた3辺に穴を空けます。

グラインダーで空けた穴からハサミを突っ込んでトタンを切りました。

開通です。
20210924_1.jpg

使った主な道具。
20210924_2.jpg


さてこの穴から外に空気を流すための換気扇をどう付けるのか?です。
20210924_3.jpg

ただし、換気扇を固定する角材を付けてから・・・という感じではなく、
今回は、土台の角材と覆いの箱丸ごとを取り付ける感じです。


製作に夢中で写真を撮り忘れてたので、結果だけお見せします。
こうなりました。
20210924_4.jpg

外はこう。
20210924_5.jpg

換気扇箱の全面板を脱着可能にして部屋と床下の喚起を兼ねるつもり。

なので、これで完成と云うわけではなくて、
・雨樋の取り付け穴の隙間を埋めること、
・換気扇箱の全面を塞ぐ、脱着可能な板を取り付けること、
・外に出た部分の防水をすること
などの仕上げ作業が残っています。
材料選択と入手にも手間が掛かりそうです。

ちなみに、雨樋を取り付ける穴をあけるためだけに、今回こんな道具も購入しました。
20210924_6.jpg

注文してから配達されるまで10日くらいかかった。

なので、この換気扇の作業が終わるは・・・・
いつになるのかなー。

では、また次回。
m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR