FC2ブログ

隠居します

   その他 [2022/03/01]
東欧でエライことになってますね。
まったく、露というのは本当に信用ならない身勝手な国という印象がある。
この影響で、世の中どうなっちゃうんだろ。ちょっと不安ですね。


さて話は変わって、
オマンマの種から1年前倒しでエスケープさせてもらうことにしました。
だまっててもあと1年、しぶとくしがみつけば数年は面倒を見てもらえた・・・かもしれない。
でも、辞めたいと思ってから8年やり過ごして、やっと身内からシブシブ許しも出たし。

どこか、なにか、他のオマンマの種を見つかるといいなーと思っている。
食べていくこと(生活)を考えなければ、やってみたいことは幾つかあるが・・・
今はモヤモヤ状態。


それはさておき、辞めると決まると、これまでほとんど気にしてなかった社会人としての常識的義務、
・健康保険
・年金
・雇用保険
・その他保険/個人年金?
・税金

など、主に支払い方、加入先などを変更しないといけないということを知らされた。
(まあ、知ってはいたが、サラリーマンだとみんなやってもらえるので土壇場まで無頓着でした。)

退職を機にその意味とか、できるだけ「お得」な仕組みに乗り換えることを検討する必要があるようなので、調べて、記録に残そうかと思います。
今後、何回か切り替えが必要にるかもしれないしね。


まずは、退職希望を表明して、真っ先に連絡が来たのが、
【その他保険/個人年金】
団体扱いで加入している車の保険と積立障害保険(年金給付型?)でした。
電話での割とあっさりした説明で、OBとして団体割引率も変わらず継続できるとのこと。
障害保険は60歳まで払わないといけないことになってるらしいし、車は乗り続けるはずだし。
なので、迷わず「団体扱い継続で」と回答した。
ただし、あたりまえだが、給与天引きではなく口座からの引き落とし。
その手続き用紙は現住所に送ってくれたので、それに必要事項を記載して返信した。

次に、個人で入った生命保険も給与天引きになってるので、担当の方に連絡した。
訪問してくれて、説明があった。
給与天引きに切り替えたときに団体扱いになってたらしい。
なので、その団体扱いが取れるのでちょっとだけ毎月支払う金額があがるんだそうだ。
収入も減るし、後々保障の内容は見直す必要があるでしょう。
ともかく、銀行口座からの引き落としに切り換え終了。


さっ、ここからが本題。
義務です義務。
ほとんど意識したことがない国民の義務。

※今まで「オマンマの種」とか言ってましたが、これ以降普通に「会社」と表現します。

【健康保険】
退職とともに会社の健康保険組合からは追い出される?・・・必ずしもそうでもないみたい。
選択肢としては、国民健康保険に加入しなおすか、今までの保険組合を継続もできると言ってきた。
ただし、前者は市町村単位で過去の所得に応じた保険料、後者は会社負担分がなく保険料は全額本人負担となるそうだ。
どっちが低額に済むか自分で調べないといけない。

まずは、国民健康保険に切り替えた場合。
棲んでる自治体のHPから試算できるExcel表がダウンロードできた。
その表の必要部分に前年度所得とか扶養家族を含めた人数とか入れると「年額(月額)いくら」が出てくるようになっている。
入れてみた。
びっくりした。
間違いかと思って何度も数値を入れなおした。でも、間違いじゃなさそう。
「こっこんなに払わなければいけないの~」(; ;)
3人分とはいえ、これだと大病で手術でもしない限り、保険なしで医者に掛かっても大差ないのではなかろうか。
※なんで、健康保険料が「前年度の収入に応じて」なのか、甚だ疑問。健康維持は等しく平等ではないのか?

幸いにして今の健康保険組合を延長した場合(ただし、2年間だけみたい)。
試算例を出してくれてました。(謝々)
国民健康保険の半分以下だ!
こんなに違うのかね。(本当かな。)

「自営業の人って大変なんだなー」と思う反面、改めてやっぱ「サラリーマンは気楽な稼業(by植木氏)」だったんだなーと。
まあ、2年の期限付きではあるものの、国保の1年分で2年間はお医者さんに掛かれる。
逆に早めに、サラリーマンに復帰できないとやばいのかも。

健康保険組合の延長制度は「任意継続被保険者資格取得申請書」なるものと、承諾書保険料納付の自動引落用の依頼書なんかを提出する。
ただし、2年後にもしリーマンになって無ければ、やっぱり国民健康保険に移行になる。収入が減って、国保の保険料も下がることに期待だな。

前の保険証を最終出社日に返却して、前もっての手続きが済んで翌日には新しい保険証が届きました。
2か月分の保険料の振り込み用紙とともに。
3か月目からは、口座引き落としになるそうだが、2か月分の振り込みが必要なんだそうだ。

はじめてネットバンキングを利用して健康保険組合への振り込みを実施。
歩いて5分のところに銀行があるのだが、ネット振り込みの段取りが分からず却って時間がかかった気がする。
ともかく、これもあと2年、口座にお金があるうちは、この状態でよさそう。


続きます。


【年金】
早い話、年取って働けなくなったときの食い扶持ですね。
サラリーマンだったので、厚生年金というものに入っておりました。(そうみたいです。)
会社からの説明資料で、「3段重ねの年金システム」であるとのこと。???
1段目:国民年金
2段目:厚生年金
3段目:企業年金、確定拠出年金

なんか3段目も2段になってる気がするんだけど・・・

国民年金と厚生年金
国民年金は、60歳まで払わなければいけなくて、貰えるのは65歳からだそうだ。
一方、厚生年金は会社に入った段階で加入(第2号被保険者と云うそうだ。)するもので、退職とともに外れる。
もし、会社に所属し続ければmax70歳までは払い続けるんだと。
つまり、今回のさるの場合は、60未満で退職なので、国民年金only(第1号被保険者と云うらしい。)に切り替えて、60歳になるまで払いつづけないとダメなんでしょうね。
★「退職後のことは役所の年金担当課にいってやれ」と書いてある。
なのでこの件は、また後で。

次に企業年金
そんなのがあること自体知りませんでした。
退職した時点で、払い込み(自覚はなかったが。)は終わりらしい。
受給に関しては、60歳以降に、終身、10年、5年間の期間で年金として受け取るか。
退職時に一時金として受け取る方法を選択できるとなっていた。

年金として何歳から受け取るか、期間はどれにするかなど考えるのが面倒だったので、一時金で受け取ることにした。
60歳までの残り1年間余りの公的年金の支払いに回せばいいかと。
給付の請求書を提出してこの件は終わり。


最後に確定拠出年金
会社負担の年金を投資信託みたいな仕組みで月々貯め込んでいって、預け先におおまかな指示を出して運用してもらってたものです。主に投資信託か定額貯金みたいな形で貯めてます。
信託なので投資は銘柄ではなくて、国内/海外、株/国債、定額貯蓄の種類が選べて、場合によっては貯めた資金をその選択できる種類間で移動ができます。当然、定額貯蓄以外は、掛けた口数の価値が変動するので増えたり減ったりするもの。

これは、退職するときに一時金でもらえる制度は通常ないらしい。
でもって、受給は60歳以降の5年間だそうだ。

じゃあ、受給を開始するまえの期間は?特に、60歳になる前の期間は?
そこいら辺が、もらった資料にはあまり書かれてなくて、
ともかく①再就職先の確定拠出年金、②個人型確定拠出年金、③確定給付企業年金、④脱退一時金に移換しろと書いてある。6か月以内に移管しないと自動的に⑤国民年金基金連合会に移換すると書いてある。
⑤は資金が目減りすると書いてある。④は金額が少ない場合にのみ可能で、その条件には満たない。
①③は再就職先が決まっていればそうすればいいだけなのだが・・・
よって選択肢はほぼ②の個人型に移すしかなさそうだ。

個人型確定拠出年金のことをiDeCoというらしい。
以下のサイトで色々説明があった。
https://www.tantonet.jp/

★ともかく、現状の管理会社から連絡が来ると書いてあるので、それを待てばいいのかな・・・


【雇用保険】
学校を出て直ぐに就職した会社に名目上ずっと居た形になっているものだから、失業手当とか再就職活動とか縁がなかったもので・・・(※社名変更やら、分離/合併とかはあったので、正確には、何度か所属会社は変わっている。)
どういう仕組みで、何をしなければいけないかとんと知識がありません。

そもかく、会社から送られてきた資料に「失業給付受給を希望する場合」と「希望しない(就職先が決まってる)」の2択の説明書きがありました。
希望するする!

手順としてはこうだそうです。
① 雇用保険被保険者証を準備
 会社から本人宛にずいぶん前に送られて来ていた。怪訝に思うくらい小さい紙。
② 説明資料に添付されてきた以下の用紙に必要事項を記入して会社に送付
 雇用保険被保険者資格喪失届、雇用保険被保険者離職証明書
③ ②で準備した書類を会社に提出
④ 会社が②の種類に必要事項を追記して、給与等の証明書類と供に本人の最寄りのハローワークに提出
⑤ 最寄りのハローワークから雇用保険受給手続き書類等が本人に送られてくる
⑥ ハローワークの指示に従え

なので、②をやって、★あとはハローワークの出方を待つってことですね。


【税金】
給与所得のみで生活していたので、所得の申告みたいなことは当然やったことがありません。
今回、退職金、企業年金の一時金受取でも、源泉徴収された額が振り込まれるみたい。
※「源泉徴収」とは(そんなこともよくわかってないさるです。)、支払い側が予め所得税分を国に納めて、差し引いたの残りを本人に支払うということだそうだ。

企業年金も退職のタイミングで受け取れば、「退職所得」という扱いになるらしい。
退職金に掛かる税金の計算方法も検索してみたが、普段の給与に応じての計算方法で割と優遇措置があるっぽい。
それに比べて、もし後で一時金で受け取ると「一時所得」として申告の対象になるらしい。金額にもよるがかなり税金で持ってかれるみたいです。2割?
また、年金で受け取る場合は所得税が7.7%弱が掛かるみたい。

今年中に再就職する場合は、再就職先であとはよしなにやってくれるらしいが、
再就職しない場合は、来年の2月に確定申告というものをやるようにとのこと。(還付金があるかもと書いたる。)
ともかく、確定申告は来年までしなくていいみたい。

ここまでが、「所得税」の話。

もう一つの税金が、「住民税」
これは、最終月の給与から5月分までの税金が引かれてました。
(ちなみに厚生年金も2か月分引かれてた。普段1か月遅れの支払いだったそうなのだ。)
従って、最終月のお給料の手取り額はとほほな金額。

残り6月分からの住民税は・・・「納付書」と云うものが自治体から送られて来るのかな?
それを使って支払うらしい。
まずは、案内を待つしかないか。



一気に払う分は払うか、口座引き落としの手続きをしたかったのだが、
今後の手続きがまだ残っちゃうね。


★厚生年金の国民年金の切換え
 →手続きは役所で行えるが、
  ・マイナンバーカード(orマイナンバー通知カードと免許証等身分証)
  ・離職票などの退職日が分かる書類
  が必要だそうです。会社から離職票?待ち

★確定拠出年金のiDeCoへの切換え
 →資格喪失通知?待ち

★失業保険の申請と再就職活動
 →ハローワークからの連絡待ち

★6月以降の住民税の支払い
 →自治体からの納付書待ち


何かと面倒だね。
義務を果たすって大変だ。
隠居したからって、しばらくはゆっくりしてらんねーなー。

では。m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR