FC2ブログ

仕方なくDIY再び(22:プチ作業とツイてねー)

   DIY [2022/02/13]
先週は指ギロチン未遂をしてしまい、未だに右手中指の指先の感覚がないさるです。

すいません、以降、タイトルのDIYとは程遠い内容です。
何だかツイてない話と、毎度な除雪のことばっかですので、読む価値はないと思います。

続きます。



3連休でした。(ほとんどのサラリーマンはそうですよね。)
初日は、久々に特に体を動かして何かをするでもなく、土日の実家ソロキャンプ用に、DIYの材料とか食料の買い出しに出たくらい。
なのに、その少ない行動にも関わらず、またもやツイてねー再発

こうです。
近くのホームセンターに入ろうとしたところ、直進車が数台反対車線を走ってきます。
右ウインカーを出して一時停止。
ホームセンターの出入り口には2台の車が居て、それぞれ左右に出ようとしています。
でかいワゴン車は左折、普通乗用車は右折しようとしています。
20220211_jiko1.png
直進車をやり過ごして、右折して駐車場に入ろうとしたとき、歩道を塞いでいた2台の車の後ろを小学生くらいの子供二人が走ってくるのが見えたので歩道を完全に塞がないように停車。
停車して1秒後くらいしたら、ドンと衝撃が。
後続車が追突したのかと思いきや・・・
20220211_jiko2.png
右折して道路に出ようとしていた普通乗用車が、さるの車の後ろに、斜めに当ててました。

ありゃりゃー。
相手車の運転者はご年配の奥様。
さるの車は道路の路側帯にちょっとお尻が出てるくらいだったので、ハザードを付けてそのまま停車し、道路にはみ出ちゃってる奥様の車を誘導して一旦さるの車から剥がします。
奥様はだいぶ焦ってるご様子。

さるの車はバンパーに比較的大きな擦り傷。奥様の車は運転席ドアの前方がヘコんでました。

ホームセンターの駐車場に双方の車を置いて、事故証明のために警察を呼ぼうとしたら、もう警官が二人来た。
さっきの小学生の子たちが100mもない距離の交番に連絡入れてくれたとか。

特に、さるからは嫌味めいたことも言わず、警察対応を済ませ、奥様には「保険屋さんに連絡入れてね。」と念押ししてその場は解散した。(でも、相手の保険屋さんから二日経っても連絡来てない。連休だから?)

二日遅れでふつふつと。
ちょっとここで苦言を呈したい!
そもそも、右折するときに斜めにショートカットし過ぎなんだよ!
なんであんなに早くハンドル切るの!
曲る方向の前後ちゃんと見てんのかよ!

T字路でこっちが停車しているときだって、右折でこっちに入ってくるとき、びっくりするくらい斜めに入ってきやがる。
こっちが、左折で出ようもんなら当たってしまうよ。
だいたい女性ドライバーあるあるだ。ったく。
※全ての女性ドライバーを敵に回すつもりは毛頭ございません。
 あくまでもさるの偏った経験からの感覚によるものです。
 「そんなことねー」と反発できる方は、お気を悪くなさらずに、引き続き安全運転を。



はい。
この話はこれくらいにして。
翌土曜。
かっこ悪いキズが増えた車で、実家除雪&DIYの日です。
珍しく、天気はいい。除雪日和です。

到着。屋敷前の道路脇の雪壁は3mくらいになってます。
20220212_1.jpg

融雪溝を掘り起こして、先週のこともあってドキドキしながら蓋を開け、
屋敷へのアプローチの除雪を始めた途端・・・
アルミスコップを融雪溝に流してしまいました。
下流方面に走って探しにいきましたが、流れに追いつけるわけもなく、ところどころある蓋の隙間から一瞬しか見えない状態なので見つけられるはずもなく。
「とほほー。今日もツカーん。」


予備のアルミスコップがあったので、作業続行です。
いつものように納屋前の駐車スペースと納屋のヒサシ屋根の雪下ろしをして、
今回は、屋敷の屋根から落ちて溜まった雪の片づけです。

まずは、南向き(道路に面している側)はこんなだったのを
20220212_2.jpg
こんな感じにしました。
20220212_3.jpg

でも時刻は既に15時半。

屋敷の北側は、もうこんな。
20220212_4.jpg
奥の2階建ての母屋の屋根にも雪が支えてます。
20220212_5.jpg

毎年、2月後半にはこうなりますから、驚きはしないのですが、
作業量としては、ハンパないんです。
雪を寄せる先がないから、必然的に屋敷から離して積み上げるしかない。
もしくは、表側までの長い距離を運んで融雪溝に流すか。
いずれにしろ、明日に回すしかないです。


16時半、屋敷に入ってシャワーを浴びて、プチDIYです。
先週果たせなかった、換気扇の蓋です。
今回、ホームセンターで買った収納ボックスの蓋(約300円)。
20220212_d1.jpg

これをカッターでカットします。でも、最後は力業で割った感じ。
こうなりました。
20220212_d2.jpg

早速ハメて見ましたが、キツキツでした。



本日日曜。珍しく、晴れ。除雪日和です。
いつも通り7時半活動開始。

昨日切った蓋の寸法を測りなおしたら、やっぱ歪んでました。
カッターとヤスリを使って、4辺を削り直して、何とか入るようになりました。
20220213_d1.jpg

換気扇箱の縁には、2㎜位の溝を切ってあってそこにハメて上下に動かせるようにしてあります。
20220213_d2.jpg
板の上下には1cm幅くらいのアクリル板(サッシを直したときの端材)を接着剤で貼り付けました。(上下させるときの取っ手の意味です。)

一応、回してみました。
20220213_d3.jpg

この状態で床下の空気を排気できているかは・・・
確認しようがないので、「きっと排気できている」と思い込むことにします。

9時になりました。
除雪の続きです。
屋敷の裏は、夕べの内に状態が進行し、屋根からの雪がミルフィールのようになってます。
20220213_1.jpg
それでも千切れて落ちるってことがないのね。

これをまずは、屋根から落として、第1段階の除雪です。
20220213_2.jpg

せっかく、2階屋根に近い状態の高さが維持できてるので、
屋根に覆いかぶさった厄介者の杉の枝の排除も行います。
20220213_3.jpg
こうしました。
20220213_4.jpg

梯子と手前の変わった鋸を使いました。
亡き爺様が山仕事をしてた時に使っていた道具だと思われます。
夏だと、高いところが苦手なので、なかなかできないことも、こういう時期だとやれちゃいます。

さて、除雪に戻ります。
さっきの、軒下の深さでは次のドカ行きには対処できないので、もう1段軒下の積雪を下げます。
20220213_5.jpg

ここまでやって、午前中終了。

15分で昼飯食って、午後の部です。
結局14時半まで掛かって、こんな状態にまでしました。
20220213_6.jpg
右側の状態をご覧いただくと分かる通り、山側に城壁を積み重ねています。
雪下ろしならぬ、雪上げです。

それでも、まだ、平屋側はまだこの状態。
20220213_7.jpg

そろそろ、疲れてきてヘロヘロに近いですが、もうひと踏ん張り。
こうなりました。
20220213_8.jpg

燃え尽きました。
時間は15時半。
2日間で、合計10時間の肉体労働です。


これで、次のドカ雪でも何とか、屋敷に被害が出ない・・・かな。
でも大抵、こう準備するとあとは大して降らないんだよね。
そうあってほしいです。
今シーズン、もう十分やりました。
もう勘弁してくだせーお天道様。

では、いつもの超つまんねー除雪の話は終わりです。
次回は、ちゃんとDIYの話を書けるといいんだけど・・・

では。m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR