FC2ブログ

仕方なくDIY再s2ep2:屋根を塗る

   DIY [2022/04/12]
さるの棲む地域もめっきり春っぽい陽気です。
珍しく、しばらくお天気が続いています。

そうだ、ペンキを塗ろう!


昨年度の屋敷の雪害の(仕方なくDIYする羽目になった)原因を考えるに
一つは、単純に雪が多かった。
二つに、雪囲いの強度が実は甘かった。
と思うわけです。

雪囲いの強度に関しては、去年に限ったことではないので、
何かしら条件の変化があったはずだと考えれば、三つ目原因が考えられます。
三つめは、落雪の角度が垂直に近くなった。

つまり、これです。
20220409_y2.jpg

20220409_y3.jpg
屋根がサビサビです。
本来、雪がさっさと滑り落ちる仕組みの屋根から、雪が滑り難くなってるせいで、一度に大量かつ重たくなった雪が屋敷スレスレに落ちて、屋敷側にプレッシャーを掛けていると推測しています。


あんなボロ屋敷にお金を掛ける余裕はないが、念のため仮にプロを頼んだらどれくらい掛かるかぐぐってみた。
2階建て屋根だと普通足場を組むらしい。(あんな土手ぱたで足場が組めるんだろうか。)
足場代込みで40~60万だそうだ。
あー、まーそうでしょうね。


さるの棲むこの地域では、田んぼ&里山にまだ雪が大量に残っている時期なので、「=農閑期中」。しかも、3日ほど晴れが続くとの予報。
日々ぶらぶらしている身なのでこの機を逃す手はない。


およそ2万円の出費で以下のものを購入。
20220409_y1.jpg
・ペンキ
・薄め液
・ペンキを入れる容器
・ペンキを塗る道具(ローラ)
・ローラーの竿
・ハケ(間違って水性ペンキ用を買っちゃった。)
・ワイヤーブラシ

その他は既にあるものをあっちこちから引っ張り出してきました。
今回買ったのは油性ペンキ。
っていうか、近場のホームセンターに水性塗料のデカイのがなかった。
油性だとうすめ液が必須になるもんで、ちょっと面倒なんですよね。

ともかく、土曜の10時実家着で作業開始です。(屋敷内の猫の餌さやり、生活痕:小動物の欠片の始末で、実質11時開始。)


続きます。


ペンキは、一応「サビ取り不要」とは書かれているものの、缶の細かいプリントを読むと、「ゴミ、ホコリは、前もって取れ」となっます。
そりゃそうですよね。

従って、作業としては、
1)ブラッシング(サビ&貼りついたゴミ取り)
2)ゴミ/ホコリの排除(掃き/拭き掃除)
3)ペンキぬりぬり。
となる分けです。


まずは、屋根上のブラッシングからとなります。


屋敷の屋根は、南向き(道路側)に短く、北向き(屋敷裏側:冬の間、回廊を作っている側)に長く建てられています。
しかも、南側の下は道路で、多分10m以上の高さがあります。
下にある下屋の屋根/土手が見えないのでなおさら高く感じます。
こえ~。ガクガク((( ;゚Д゚)))

冬の間ならば、下に雪があって「落ちるだけでは死なない」との感覚があるので、さほど恐怖心はないのですが、雪が消えてしまったらそうはイカない。

なので、最初のうちはこんなのを用意しました。
20220409_y4.jpg
ロープです。
上ってきたときの梯子に片側を結わえて、もう一方を
20220409_y5.jpg
こうです。

結局、平屋部分に上って、さらにそこから別の梯子で母屋の屋根に上るルートの設営や、
ペンキ/うすめ液を持って上がれるくらいの容器に移し替えたりしている内にお昼になり、
南側のブラッシング&箒掛けが終わったのは15時頃でした。

しかも、準備した命綱は、却って躓きの元になったので、使うのをやめました。
少し日が傾いてからぬりぬりです。
結局2時間掛けて一日目はこんだけ。
20220410_y1.jpg

二日目。
母屋北側のブラッシング&掃き掃除をして、南側の残りを塗り終わったのは13時ころ。
20220410_y4.jpg

さらに北側の軒際を塗り終わって、この日も終了。
2日掛けたら母屋を全部塗り終わるかなと思ったら大間違い。

三日目。
母屋を全部塗り終わったのが、13時ころ。
20220411_y1.jpg

ここからラストスパート。
平屋部分の滑り止めしてない部分もやります。
beforeはこんな。
20220411_y2.jpg

20220411_y3.jpg

掃き掃除して、塗り終わったのが16時でした。
afterです。
20220411_y4.jpg

片付けが終わったのが16時過ぎ。
裏の段々畑から母屋の屋根の具合を改めて。
20220411_y5.jpg

うん。
それなりに光ってます。

でも、思ったより暑かったせいで、クタクタです。

ペンキは、14kg缶の1/3くらい余った。
まだ、滑り止めがしてある平屋部分の北側、味噌小屋、道路を挟んだ納屋の屋根も残ってるんだけど・・・
どうすっかなー。

ちょっと一旦間をとって熟慮したいと思います。
まずは、屋敷外側の気になっていたことの一つは対策完了!ということにしたいと思います。


ボロ屋敷の、焼け石に水の話でした。
では、この話はこの辺で。
m(__)m
スポンサーサイト





コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

さるもすなる

Author:さるもすなる
さるです。別HPサイト「さるもすなる」から侵食してきました。 山菜/きのこ、それとタイトルにしたPPバンド籠のことをメインに徒然に・・・・暇を持て余したさるの手仕事:男手芸のブログってことで。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
本家のHPのトップ
山菜や茸の話です
PPバンドの籠作品と作り方です
投稿をお待ちしております



PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログへ



マニュアルのお申し込み



検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR